エアコンクリーニングは業者に依頼した方がよい【危険なのは夏場】

ニュース一覧

商品購入の基本とは

空調

訪問見積もりサービスを活用して、空調機器の効果をシミュレーションするのが、業務用エアコンを新規に設置する場合の基本です。厨房機器を使う飲食店では、特に出力の大きさにこだわることが重要であり、施工実績でエアコン業者を選ぶ姿勢が肝心です。

詳しく見る

自力でやるには体力が要る

男性

自力でやるには体力が要る

エアコンクリーニングを怠ると、ホコリがたまってしまい、温めたり冷やしたりする効果が薄れてしまいます。それ以上に危険なのは夏場の使用でたまった湿気が冬場にかけてホコリが吸収し繁殖してしまうことです。こうなるとカビになり、送られてくる風から悪臭が出たり、雑菌を部屋の中にまき散らしてしまうことになります。冬場で換気を怠りやすい時期ではこのようなエアコンを使っている部屋いれば体調を崩してしまいます。ですのでエアコンクリーニングは秋口にかけて行うべきなのですが業者に依頼して行った場合、相場として1万円以上の代金がかかります。エアコンの構造を良く知っており、対処にたいする保証もあるので料金に問題がなければ専門業者に依頼するべきでしょう。しかし少しでも家計を節約したいという方は、自分のやれる範囲を良く調べてから行いましょう。なぜならエアコンクリーニングは設置されているまま行うものなので、高い所に手を伸ばし長時間拭き掃除を行うことになります。慣れていないとかなりの体力が要ります。具体的に言えば、まずエアコンをできるだけ分解する正しい知識が要ります。そして洗浄液や隙間のカビをとるスポンジやブラ時などで根気よく洗っていくことになります。汚水がかなり垂れてくるので汚れてもよい服装で、エアコンの下は養生シートを引くなど準備も必要となってきます。用具は安いものばかりなので費用は浮くかもしれませんが、素人が行えばほぼ1日仕事です。作業の内容としても途中で諦めるということがしにくく、失敗するリスクもあるのでエアコンクリーニングについては自力と委託とどちらがよいか総合的に判断する必要があります。

確実な方法を選びましょう

女性

エアコンクリーニングを自身で実施し、取り外したパーツを元通りにできなかったり、故障したりといった状況を回避するためには、確実な方法を選びましょう。専門家に依頼するのがベストなので、エアコンクリーニングの業者を探すことをおすすめします。

詳しく見る

導入する時の準備

エアコン

業務用エアコンの導入を決めたら、まず取り付けしてもらう業者を決めることと設置するエアコンを決めることになります。取り付けは業務用エアコンを専門に扱っている業者を使うようにして、設置するエアコンも取り付け業者と一緒に選ぶとよいでしょう。

詳しく見る

本来の効き目が出る

空調

エアコンは購入してから年数が経過すると内部に汚れが溜まってしまうので、効き目が弱くなります。それでも、エアコンクリーニングを実施して汚れをしっかりと落とすことができれば本来の効き目が出るようなり、価値を実感可能です。

詳しく見る

効率の良い空調を完備

男性

オフィスや店舗などの広いフロアも効率よく冷暖房できる業務用エアコンは新築時に設置がされていない場合には、専門の業者に相談して提案と見積もりを受け、比較検討のうえ設置工事を依頼しましょう。アフターメンテナンスのことも踏まえて設置を検討するのがおすすめです。

詳しく見る